妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

うる藍バリアは妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

うる藍バリアは妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

多くの人が気になる悩みの1つが口臭ではないでしょうか。

生きていくうえで必ず人とコミュニケーションをはかるので、相手が顔をしかめていたりするとなおさら気になってしまいますよね。

好きな人ができたときには、せっかく近づけても臭ってないかが心配では、ムードも台無しです。

そこで今回は、今話題の口臭解消食品「うる藍バリア」が本当に口臭の改善に効くのかと、妊娠中・授乳中でも摂取できるのかについてお話したいと思います。

口臭にはさまざまな原因があるといわれています。

加齢、食べたもの、内臓の働き、虫歯、歯周病などが挙げられますが、なかでも意外と知られていないのが、唾液と内臓の働きの低下です。

口臭=口が汚いというイメージがあるかもしれませんが、実は唾液がストレスや乾燥などによって分泌されていなかったり、疲労や食生活によって胃腸の働きが低下していると、胃の中の食べかすや食べ物が腐敗し、口臭のもととなるガスを発生させてしまいます。

また、唾液には口臭を抑える効果があるため、唾液の不足は口臭につながってしまいます。

夜中や緊張している場面では唾液の分泌が行われなくなってしまうので、朝方などに口臭がきついのはそうした理由からです。

口臭を防ぐために必要なことは、唾液を正常に分泌させることと腸内環境の改善です。

そこで、今話題の口臭ケア食品「うる藍バリア」は、口臭の元をさまざまな方向からアプローチし、不快な口臭を防いでくれるのです。

名前にもあるとおり、うる藍バリアには藍が含まれています。

藍というと、染め物のイメージが強いかもしれませんが、かつては藍の葉は食品として重宝され、今でもその効果の高さに着目して、お茶や食品に再び用いられるようになってきました。

藍は、食物繊維の量が豊富で、なんとその量ケールの2倍ほど含まれています。

お通じを改善することで、腐敗ガスの発生を防ぎ、口臭予防につながります。

さらに、愛に含まれるポリフェノールは、ブルーベリーの倍以上。

抗酸化作用によって、体を錆びさせずいつまでも若々しい印象を与えてくれます。

このほかビタミンやミネラルも、明日葉と比べて2~5倍以上も入っているのです。

藍の力で、お通じを改善し、自律神経を整えることで、腐敗ガスの発生が抑えられ、ストレスや栄養バランスの悪化による唾液の減少を防ぎ、口臭予防につながります。

妊娠中は、つわりもあり歯磨きが億劫になったり、妊娠をきっかけに便秘がちになってしまったりと口臭の悩みもつきものです。

しかし同時に、口から摂取するものはお腹の中の赤ちゃんにも影響しますので、細心の注意が必要ですよね。

うる藍バリアは、技術・設備ともに国内でトップレベルを誇る工場にて製造されており、安全面での心配はありません。

管理体制もトレーサビリティ(追跡可能性)も確保されています。

成分は藍のほか、口あたりを良くするキシリトールに、唾液の分泌を促すポリグルタミン酸クエン酸、プロポリスなどを含んでいます。

いずれも農薬検査などもクリアした安全な成分なので、心配する必要はほぼありませんが、妊娠中・授乳中で心配な方は主治医に相談してみましょう。
うる藍バリアの口コミ
自分も人も不快な思いをしてしまう口臭。

日本に古来から伝わる素材の力で、口臭予防をしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓
うる藍バリア

us

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ