妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

天使のベビーコラーゲンは妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

天使のベビーコラーゲンは妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

肌の衰えが気になる。

30代以降になるとこのような悩みを抱えている女性がとても増えてきます。

その理由は、もともと私たちの体の中に備わっている美容成分が、30歳を過ぎた頃から急激に減少していくことがわかっているからです。

私たちの肌の約70%は、コラーゲンと呼ばれている繊維で占められています。

コラーゲン繊維は外からの刺激から肌を守る事と、皮膚にしなやかさや弾力を与える役割を持ちます。

だからこそ、肌の見た目はこのコラーゲン繊維の量に大きく影響されてしまうのです。

30歳を過ぎた頃から低下していくコラーゲンは、40代、50代、60代と年齢を重ねるたびに少なくなり、40代では20代の半分以下にまで減少してしまいます。

そして、コラーゲンは肌だけではなく骨や関節など、私たち人間の生命維持に必要な箇所にも存在しています。

減少していくコラーゲンは体の外側からしっかりと補っていくことが大切ですが、体内に存在しているコラーゲンは1種類だけではありません。

ですから種類の違いを正しく理解しながら取り入れなければいけません。

具体的に説明すると、コラーゲンは1型、2型、3型の3種類があります。

そして赤ちゃんのようなぷるぷる肌を保つために必要なのが3型コラーゲンです。

この3型コラーゲンは別名ベビーコラーゲンと呼ばれています。

ベビーコラーゲンは赤ちゃんの時にはたっぷりと含まれていますが、25歳前後から減少していき、年齢を重ねるにつれてどんどん低下していきます。

そこで、ベビーコラーゲンの力強いサポーターとしての役割を果たしてくれるのが、卵殻膜です。

卵殻膜は、卵の殻の内側にあるわずか0.07ミリの薄い膜ですが、ヒナを優しく包み、紫外線や菌から守ってくれています。

この卵殻膜がベビーコラーゲンを力強くサポートすることが明らかになっているため、ここに着目して開発されたのが、天使のベビーコラーゲンです。

天使のベビーコラーゲンの口コミ評価レビュー!スルスル天使から何がリニューアル?

では、この商品は妊娠中や授乳中の女性でも飲むことができるのでしょうか。

配合されている成分を調べてみると、妊娠中や授乳中の女性に害を及ぼすような成分が配合されていないため、基本的には問題なく取り入れることができると思います。

しかし、いくら成分に問題ないとはいえ、デリケートな時期になっているため、妊娠中や授乳中に取り入れることを考えている方は、担当の医師に相談してみてください。

もともと医薬品とは違い、サプリメントのような健康補助食品は特に決まりがありません。

そのため、妊娠中や授乳中であっても、基本的には飲むことがNGとなっているわけではありません。

しかし、実際に妊娠中や授乳中の女性が飲んでみて、問題がなかったかどうかの確認まではできているわけではありません。

そのため、心配であれば医師や薬剤師に尋ねてみることが大切です。

私は妊娠中や授乳中に、葉酸以外のサプリメントを飲む事は個人的にあまりお勧めしませんが、どうしても取り入れたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら
天使のベビーコラーゲン
天使のベビーコラーゲン

rU

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ