妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

生漢煎 防風通聖散は妊娠中・授乳中は飲まない方がいいの?理由は?

生漢煎 防風通聖散は妊娠中・授乳中は飲まない方がいいの?理由は?

雑誌でも紹介されたことにより、注目を集めているのが、本気で脂肪を落としたい人にオススメの漢方薬「生漢煎 防風通聖散」です。

この漢方薬には18種類の生薬が配合されており、余分なお腹の脂肪を分解、燃焼、排出促進する効果が期待できると言われています。

今、現代人に急増しているのが肥満症です。

お腹周りにやたらと脂肪がつく。
スカートやズボンの上に脂肪が乗る。
ついつい食べ過ぎてしまうことが多い。
慢性的な便秘に悩まされている。

こんな方は肥満症予備軍の可能性があるため、日頃からの食生活や生活習慣の見直しが必要です。

しかし、人は一度慣れてしまった食生活や生活習慣を改善するのは非常に難しく、がんばって努力してみても元の生活に戻ってしまう方がほとんどです。

そもそも肥満症を引き起こしてしまう大きな原因は消費カロリーが不足しているからです。

私たちは食事から摂取している摂取カロリーと、運動などによって消費される消費カロリーのバランスが乱れ、摂取カロリーが上回ることで体重が増加したり、脂肪がつきやすかったりしてきます。

さらに消費できなかった栄養物が脂肪に変化し、肥満や便秘を引き起こすことが判明しているため、年齢を重ねることにより太りやすくなったと自覚している方は、基礎代謝が低下してしまっている可能性があります。

最も基礎代謝量が多いと言われている10代から徐々に下降していき、30代以降になると基礎代謝はみるみると低下して肥満症に陥りやすい体質へと変化していきます。

だからこそ代謝を高めて排出することが非常に重要となってくるため、効果効能がしっかりと認められた医薬品「生漢煎 防風通聖散」が心強い味方となってくれます。

また、防風通聖散は他のメーカーからも販売されていますが、配合されている原薬の処方量が異なります。

生漢煎 防風通聖散は、満量処方となっているため、多くの方から高い支持を得ているのが特徴的です。

ただし、太りやすいと考えている全ての方に生漢煎 防風通聖散は効果的だと言うわけではありません。

生漢煎 防風通聖散はサプリメントのような健康補助食品ではなく、医薬品扱いの漢方薬となっているため、しっかりと使用上の注意を確認しなくてはいけません。

服用しない方が良いとされている方の中に、妊娠または妊娠していると思われる人。
さらに授乳中の女性が含まれています。

なぜ妊娠中や授乳中は服用を控えるべきなのか。

不思議に思われる方も多いと思いますが、妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響が非常に大きいデリケートな時期のため、医薬品はなるべく摂取しないことをお勧めします。
生漢煎 防風通聖散の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?

また、基本的に医薬品は安全性を確認するために治験が行われていますが、妊娠中や授乳中の女性を対象のデータが存在しないため、安全性が確保されていません。

そのため、妊娠中や授乳中の女性は生漢煎 防風通聖散の服用を控えましょう。

授乳を卒業した後に再度検討してみて下さいね。
公式サイト↓

なお、妊娠中や授乳中の栄養補給やお腹スッキリに向くのは、「優光泉(ゆうこうせん)」です。
コップ1杯でバケツ1杯分の野菜の栄養が補給できると人気ですよ。
優光泉(ゆうこうせん)を妊婦や授乳中も飲んだほうがいいのはなぜ?

us

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ