妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

ルナハーブは、妊娠中や授乳中には飲めないの?代わりは?

ルナハーブは、妊娠中や授乳中には飲めないの?代わりは?

植物由来の休息成分で睡眠を改善してくれるルナハーブは、妊娠中や授乳中には飲めないのでしょうか。

妊娠中は、体型が変化し、お腹が大きくなるにつれて仰向けで寝るのは苦しかったり、ましてうつ伏せ寝もできなくなります。

横向きで寝るのが、もともとの体制の方は問題ないかもしれませんが、それでも人は寝ている時に自然に寝返りをうつものです。

寝返りで仰向けやうつ伏せになった時に辛くて目が覚めてしまったり、お腹の赤ちゃんの動きを感じられるようになると、昼夜問わずお腹の中で動くので、眠っていても起こされてしまうことも度々あります。

また、赤ちゃんが生まれてからは、赤ちゃんのリズムに合わせてのお世話が始まります。

赤ちゃんは生まれてすぐから、大人のように昼間は起きていて夜は寝るというリズムではありません。

夜中に何回も置きますし、頻回な授乳の毎日が続きます。

これでは寝つきが悪くなり、疲れも取れません。

しかし睡眠薬を自己判断で飲むことはできません。

そうなると、薬ではないけれど、自分が得たい効果のあるサプリメントに頼りたいという気持ちになる妊婦さんや授乳中のママも多いかと思います。

ルナハーブなら、植物由来の休息成分で無添加だし、心配なく飲めるのでは?

と思われるかもしれません。

しかし、ルナハーブには、セントジョーンズワートやラズベリーエキスが入っています。

これらが、妊娠中や授乳中によくないと言うわけではありませんが、安全性に関するデータが少なく、また初期の流産のリスクが高くなるとも言われています。

セントジョーンズワートは、ピルの効き目が半減すると言われております。

ですから、ピルを避妊薬として飲んでいても、妊娠してしまうということも起こり得ます。

妊娠中や授乳中にルナハーブを飲みたいと思われる場合、胎児や赤ちゃんに万が一のことがあってからでは取り返しがつかないので、お医者さんに相談してからにしてください。

では、ルナハーブを飲まないとしたら、どうしたら睡眠不足や疲れは取れるのでしょうか?

ルナハーブに限らず、サプリメントや薬は、妊娠中や授乳中には飲むのを控えるようにと言われているものが多いと思います。

妊娠中で、夜まとめて眠れない方は、昼間も利用して短時間の睡眠でも良いので1日で必要な時間の睡眠を取るようにしてみてください。

また赤ちゃんのお世話で夜ゆっくり寝られないという方は、赤ちゃんの昼寝時間に一緒に横になったり、どなたかご家族など頼れる方がいましたら、少しの時間でもいいので赤ちゃんをお願いして自分が身体を休める時間を確保するようにしてみてください。

私自身、産後まともに夜まとまって寝れなくなり、夜中の授乳がなくなっても夜泣きがひどかったり、そのうち夜中に起きることがクセとなり一晩ぐっすり眠れない睡眠リズムになってしまいました。

こんな生活を数年間過ごしていたら、ある日突然朝めまいがひどく起きられなくなったことがあります。

少しして落ち着いたものの、病院へ行き診てもらいました。

どこも異常はありませんでしたが、医者に普段の様子を話すと、

どんなに健康で元気な人でも、睡眠不足が続くと体調を崩しますよ。

週末など、ご主人がお休みの日だけでも、お子さんをみてもらい自分は寝る時間を確保するようにしてください。

と言われました。

睡眠は大切なのだと思い知らされました。

妊娠・授乳をしていない、薬を服用していない方で、寝つきがよくない方は、ルナハーブで身体に優しい休息成分を摂ってみてください。
ルナハーブの口コミと熟睡効果

公式サイト↓
ルナハーブ

◆では、妊娠中や授乳中で眠れない時は、どうすればいいのか?というと、

妊娠中や授乳中でも飲める安心な成分ばかりの「こころの青汁マインドガードEX」を飲むと、ゆっくり休めます。

こころの青汁マインドガードDXが妊娠中や授乳中にも飲める理由

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ