妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中に市販薬はダメなの?OKもあるの?

妊娠中に市販薬はダメなのでしょうか?
飲んでOKなのもあるのでしょうか?

妊娠中は、市販薬は飲まない方が良いと思われている方が多いことでしょう。

胎児に影響を及ぼすかもしれないので、体調が悪い時は、医師に処方してもらうのが安心ということです。

妊娠中の全期間、市販薬は使わない方が良いのでしょうか。

例えば、妊娠0〜3週は、薬の影響はないと言われています。
体内に長期的に残る薬は注意が必要ですが、風邪薬や胃薬などは市販薬を飲んでも問題ないと考えられています。

次に妊娠4〜7週は、絶対過敏期と言われており、妊娠期間全部の中で、最も薬の影響を受けやすい時期といえるので、注意しましょう。

妊娠8〜14週は、相対過敏期と呼ばれ、絶対過敏期に引き続き注意が必要な期間です。

妊娠16〜出産までは、潜在過敏期と呼ばれており、奇形の心配は低くなるものの、胎児の発育や分娩に薬の影響が出ることが考えられます。

妊娠中は、基本的に医師に処方してもらう薬のみが安心かと思いますが、市販薬を使われる場合は、風邪薬、便秘薬、アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛薬・ビタミンA・漢方薬などの市販薬は特に注意が必要です。

市販薬は、弱めに作られているから飲み合わせなども心配しなくて良いと昔医者に言われたことがありますが、強いものはもちろん、弱くても「薬」なので、妊娠中は十分に気を付けるべきですね。

◆妊娠中も薬に頼らず健康に過ごすには、日頃からバランス良い食事をとるように注意するといいです。

特に野菜をたっぷり食べることで、ビタミン、ミネラルが補給できて食物繊維も多いので腸内環境がよくなり、免疫力もアップしますし便秘にもなりにくくて、元気にすごせます。

つわりなどで食欲が落ちている時や栄養不足と思う時は、妊娠中でも安心なゆうこうせん(優光泉)酵素ドリンクを飲むと効果的です。
ゆうこうせん(優光泉)で妊娠中や授乳中に期待したい効果→優光泉
優光泉は、コップ1杯でバケツ1杯分の野菜の栄養が含まれていますから、母体の健康維持にも最適ですよ。

代謝もアップするので妊娠太りも避けることが可能です。

腸内改善で免疫力をアップして元気な赤ちゃんを安心して産みたいですね。

公式サイト↓
九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

DSC_0573

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ