妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠糖尿病は、本物の糖尿病に移行しやすいの?そうならないための対策とは?

妊娠糖尿病は、本物の糖尿病に移行しやすいの?そうならないための対策とは?

妊娠糖尿病とは、妊娠中の血糖値異常のことをいいます。

軽度のもので、妊娠中に妊娠糖尿病と言われても危険とは捉えず、治るものと言われています。

実際、私の友人は妊娠中に妊娠糖尿病と言われていました。

ですから、出産するまでは普通の妊婦さん以上に食事のことに気を付けていました。

その後、悪化することもなく無事に出産し産後は糖尿病と言われることもなく普通の食生活を送っています。

ただ私は、やはり妊娠中だからと言っても妊娠糖尿病と言われるということは、その後もリスクはあるのではないかと思い気になったので調べてみました。

すると、やはり妊娠糖尿病が、そのまま本当に糖尿病になることがあるということを知りました。

そこで、その原因や防ぐためにできること、対策などを調べたので紹介します。

非妊娠時は、身体の中に入った糖はインスリンで分解されて、吸収されます。

しかし妊娠中は、インスリンの分泌が減って、糖が胎児に流れます。

ですから、糖質をたくさん摂ると、お母さんの身体で血糖値異常が起こるという仕組みです。

この状態がケアされずに続くと、インスリンの分泌される量が正常に戻らず、出産してから糖尿病になるリスクが高まります。

では、それを防ぐための対策についてです。

妊娠した後の女性の身体はホルモンバランスの乱れなどから糖尿病になりやすいと言われています。

他にも食事の変化も原因の1つと考えられます。

妊娠している時は、胎児に栄養を与えるためにバランスの良い食事を心掛けて取り入れていると思います。

その食事を産後も続けると糖尿病になる危険が高くなります。

ですから、バランスの良い食事を摂ることは大切ですが、食べ過ぎには気を付けたいですね。

もう1つ、これは私の体験ですが、どうしても産後は赤ちゃんとの慣れない生活で3食きちんと落ち着いて食べられず不規則になりがちです。

そうなると、どうしても食べられる時に食べておこう、食べないと母乳で栄養を与えられなくなると思ってしまいます。

そうするとまず食べられる時にお腹いっぱいになるものとなると糖質から食べてしまうのですよね。

おにぎりやパンなど、いつでも簡単に食べられてお腹いっぱいになるので、とりあえずお米や小麦粉のものを食べてしまう傾向に私はありました。

これもよくないと今、反省しています。

大変だと思いますが、食事はやはり大切ですし気を付けたいところですね。

食事の時は、野菜からよく噛んでゆっくり食べる習慣にして、血糖値が急に上がらないようにしたいですね。

なおかつ糖質が多くて甘いお菓子類は、なるべく食べないようにしたいですね。

主食のご飯やパンも、できるなら、玄米や全粒粉などで精製されていない、急に血糖値があがらないものを選ぶといいです。

普段の食事を気をつけるだけで、かなり糖対策にもなりますし太り過ぎも防げます。

もし食事など気を付けているけれど、糖対策のことが心配という方や、遺伝的に考えても心配という方は、ママナチュレ葉酸サプリを摂ってみるといいです。

ママナチュレ葉酸サプリには、糖対策にも良いと人気のピニトールが300mgも成分として含まれているからです。

ママナチュレ葉酸サプリは、妊活中・妊娠中・授乳中のママにぴったりなの葉酸サプリメントでもあります。

そのため、妊娠中や授乳中の女性でも問題なく飲むことができるんです。

ピニトールは、妊活女性にも推進されている成分となので、妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。

糖対策が必要な妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができるサプリメントをお探しの方は、ママナチュレ葉酸サプリを試してみてください。
⇩⇩キャンペーンでお得になる公式サイトはこちら!
4919
海外でも注目の成分「ピニトール」配合【ママナチュレ葉酸サプリ】

hUs++

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ