妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中の下痢!どうすれば改善?

妊娠中の下痢!どうすれば改善?

妊娠したらつきまとう様々な体調不良やトラブル。

どれも生活に関わるもので、胎児と母体に気を使って暮らしているなかのマイナートラブルは辛いですよね。

今回は全期間を通して起こりがちなトラブルでもある下痢についての情報をまとめてみました。

妊娠中に下痢、その理由は?

妊娠中に便秘になってしまう人もいれば下痢になってしまう人もおり、はたまた両方経験するといった方も多いと思います。

わたし自身も両方経験しましたが、初期の悪阻で弱っている時には、下痢にずいぶんと体力を持っていかれました。

妊娠初期に下痢になってしまう理由は主に食生活の乱れによるものだと考えられます。

つわりで思うように食事が取れない中、脱水を防ぐために水分を意識して摂るため、出てくるものが水っぽくなるのは当然のことです。

安定期をすぎると落ち着きますので、初期は時間が過ぎるのをじっと耐えながら安静に過ごすことが1番と言えます。

妊娠中期以降に起こる下痢は、自律神経の乱れからくる腸の不調によるものだと考えられます。

また、便秘が続いた後に下痢になってしまうというようなこともあります。

改善方法は?

まず、食生活を体に優しいものに変えてあげましょう。

消化の悪いものや冷たいものはなるべく避け、胃腸に負担がかかる刺激物も控えるようにしましょう。

食当たりにも気をつけて、充分殺菌洗浄された調理器具で安全に調理されたものを食べることも基本です。

また、冷えや血行不良を防ぐためにも、体は常に暖めてあげましょう。

夏の暑い時期でも体は冷えるものですので、注意が必要です。

そして気をつけなければならないのが、いくら下痢でも市販の薬を飲んではいけないということです。

妊娠中の薬の服用は胎児に多大な影響を与えてしまいます。

市販の薬は、必ずかかりつけ医に相談してから服用するようにしましょう。

病院に相談した場合は、漢方薬などの処方を出してくれる場合もありますし、薬に頼りたい場合は必ず通っている産婦人科の指導を受けるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

妊娠中には、下痢のような小さな体調不良でさえも侮ることができないため、正しい知識で改善に努めることが大切です。

特に、腹痛や発熱を伴ったりするひどい下痢の場合は子宮収縮を引き起こす場合があるため、早期改善が要求されます。

妊娠中の下痢が長引いたり、衰弱するほどになってしまっては危険です。

あまりにもひどい場合は、妊娠で免疫が落ちているため感染症にかかったなどが考えられるため、早めに病院に相談してくださいね。

◆下痢だけでなく便秘にもなりやすく両方でお腹がつらいと悩んだら、腸内環境を改善して妊娠中でも授乳中でも子供でも安心なカイテキオリゴを飲んでみてください。

自然素材100%のオリゴ糖が複数含まれているので腸内の善玉菌が増えて便秘も下痢も改善に導いてくれます。
カイテキオリゴで妊娠中や授乳中に期待したい効果

実は私の友人も酷い下痢と便秘を繰り返して腹痛もしていましたがカイテキオリゴを飲み続けたら、快調になっています。

腸内環境改善して下痢や便秘を解消したい方は、口コミ評価も高いカイテキオリゴを試してみてください。
公式ページ↓
カイテキオリゴで妊娠中も授乳中も便秘の悩み解消

DSC_0567

u

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ