妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

母なるおめぐみを飲まなくなるとどうなるの?

母なるおめぐみを飲まなくなるとどうなるの?

答えは、飲まなくなると、飲んでいたときより母乳の出が悪くなることはあり得ると思います。

なぜなら、母なるおめぐみを飲むことで母乳の出が良くなることが多いからです。

なので母乳が必要な間は、気長に飲み続けると効果的だと思います。

母乳は赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素が含まれていることは、すでによく知られていることです。

しかし、実際には赤ちゃんが飲みたいときにうまく出なかったりとタイミングや量で悩みを抱える女性は少なくありません。

そんな時、助けとなってくれると話題なのが母乳サポート飲料「母なるおめぐみ」です。

母なるおめぐみの効果をポイントの飲み方も書いてみます。

母なるお恵みは原材料がなんと100%北海道産のあずきです。

あずき以外の食品添加物や保存料は一切使用されていません。

あずきのお茶なんかで母乳の出が良くなるの? と、当然疑問に思われるかと思います。

出産をピークにホルモンバランスが変化し、それまでは母乳を抑える役割であった成分、エストロゲンが豊富に分泌されていますが、出産を機にエストロゲンは減少し、代わりにプロラクチンというホルモンが分泌されるようになります。

このホルモンが母乳を作ってくれるのですが、赤ちゃんがおっぱいを吸うことでオキシトシンという成分が分泌され、赤ちゃんが吸うことで母乳が出るという仕組みになっています。

しかし、血行不良や栄養不足、水分不足、ストレスによるホルモンバランスの変化などさまざまな要因から母乳が出にくくなってしまうことがあります。

すると、赤ちゃんがおっぱいを吸えないため、オキシトシンが分泌されず、余計に母乳が出にくくなるという悪循環に陥ることがあります。

そんな時、母乳の出を助けてくれる母なるおめぐみが役立ちます。

あずきは古来から産前産後の女性の健康と美容に用いられてきました。

あずきにはビタミン、ミネラル、カルシウム、亜鉛、葉酸とった母乳生成のために必要な栄養素が豊富なだけでなく、老化を防止してくれるポリフェノールが赤ワインの2倍も含まれています。

育児でなかなか美容の時間がとれなくなってしまった方にも大変おすすめです。

さらに、豊かな母乳には血行の良さが大切です。

母乳の成分は血液ですので、血流をよくすることで、母乳の生成や授乳につながります。

母なるおめぐみには、血流をよくしてくれるサポニンという成分が含まれていますので、血行を良しくて母乳が出やすくなります。

さらに、授乳期は水分を多く赤ちゃんにとられてしまうと思い水分摂取を行いますが、むくみやすくもなります。

母なるおめぐみに入っているカリウムはそんなむくみ解消に役立つ成分で、水分を排出する働きがあります。

こんなに素晴らしい成分が入って、無添加、ノンカフェインですが、お薬ではありませんので、長くじっくり続けることが大切です。

1杯飲んでみて効果を感じられなくても、2週間ほどは続けてみることをお勧めします。

もし、それでも相性が合わないという方には、15日以内でしたら返金保証もついていますので安心です。
母なるおめぐみの口コミ!母乳が出るようになるって本当?

母乳の出で悩んでいるあなた。

心も体も安らぐ母なるおめぐみで母乳に良い環境をつくってみませんか?

公式サイト↓
母なるおめぐ実

u

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ