妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

妊娠中や授乳中に飲めるサプリ

アトピーは遺伝する?アトピーの予防対策は?

アトピーは遺伝する?アトピーの予防対策は?

アトピーは遺伝すると当たり前のように語り継がれていますが、アトピー遺伝は真実なのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんの将来を大事に想うほどアトピー遺伝の不安は消えてくれないので、本当に遺伝をするのか検証してみましょう!

今回は妊娠中にできるアトピーの予防対策も一緒に紹介していきます。

【アトピーは遺伝するって本当!?】

□100%遺伝すると断言できません!!

アトピー性皮膚炎の要因となるアトピー素因を遺伝する可能性はありが、100%確実にアトピーが遺伝されるとは断言できません。

アトピーの症状は「体内に入り込んだ不要な物質を追い出そうとする作用」で起こりますが、実は花粉症・喘息・アレルギー性鼻炎・結膜炎と同じ作用なのです。

家族にアトピーを持った人がいなくても他のアレルギー症状を持っていれば確率も高まるし、遺伝に関係なく誰でもアトピーを発症する可能性を持っています。

□アトピーが発症する要因は「排泄作用」

体の健康を保つためには、食べ物から栄養を取る→体の中で消化する→必要な栄養素を吸収・いらないものは外に排出する流れが大切ですが、生活習慣やストレスなどで大事な流れが滞ります。

そうすると、排出できない余分な物質が限界まで体内に溜まり、最後は炎症やかゆみを起こして血液や体液から排出させます。

アトピーを予防するには、消化→吸収→排出のサイクルを崩さず保つことが大切です。

1.【アトピーを予防するには!?妊娠中にできる3つの対策】

□腸内環境を整える

出産はいちばんのデトックスと呼ばれるぐらい、ママの余分な老廃物を全部受け継いで赤ちゃんは生まれてきます。

老廃物が多ければ赤ちゃんの排出が大変になり、ママの体に残ったままのアレルギー要因も赤ちゃんの体に残ってしまうのです。

赤ちゃんが生まれるときに必ず通る産道には多くの乳酸菌が集まっています。

腸内と膣内は繋がっているので、腸内環境を整えれば産道がある膣内環境も良くなります。

赤ちゃんのために腸内環境を整えてあげましょう。

□季節の野菜で体の健康をサポート!!

夏には体を冷やす作用があるトマトやキュウリがあるように、季節の野菜には体の健康をサポートする力があります。

バランスの良い食事はもちろん、旬な野菜も積極的に取り入れることも意識してください。

乳酸菌をとれる食材や調味料も積極的にとりましょう!

カタカナの成分表示が多い調味料は体にあまり良くないので妊娠中は避けることをおすすめします。

□妊娠中の性交渉もアトピー予防になる!?

妊娠中は赤ちゃんのことを考えて性交渉を控えると思いますが、実は安定期に入っていたら無理のない範囲で性交渉を続けたほうがアトピー予防になります。

理由は性交渉で分泌される膣分泌液が膣炎から母体を守ってくれるからです。

妊娠中でも膣炎になってしまったら抗生物質で治療しないといけなくて、赤ちゃんの免疫反応を過剰にする恐れがあります。

さらに出産間近の薬物投与は赤ちゃんのアトピー発症に繋がるので出来る限り避けたいのです。

妊娠中のため性交渉を控えてしまうと雑菌から膣内を守ってくれる膣分泌液が分泌されなくなるので、トリコモナス菌などの雑菌がトラブルを招く可能性があります。

お腹の張りや体調によって無理しない方がいいときもありますが、膣分泌液にはママと赤ちゃんを守る大事な役割があるので、ぜひ検討してください。

もし赤ちゃんがアトピーを発症しても正しい対処が出来れば自然治癒もできます。

正しい知識を身につけて、ストレスのない妊娠生活を満喫してください!

◆アトピー予防に注意したはずだけど、アトピーになってカサカサでかゆいときは、アトピスマイルを塗ってみてください。

ライスパワーNO11の成分で十分に保湿して保水するので壊れた肌のバリア機能が修復するのをサポートします。
アトピスマイルの口コミ効果!保湿対策に優れている理由
アトピーの私も使っていますが、潤ってかゆみが軽減するので助かっています。

入浴後にアトピスマイルを薄く塗るといいですよ。

公式サイト↓


ug

 

この記事に関連する記事一覧

妊娠中・授乳中・妊活中もコレ1つで安心!
最近の投稿
今日の人気記事一覧
カテゴリー
アーカイブ